新人に優しいWebディレクターBLOG

ソイエバ

SNS

ビジネス・経済

読書が苦手な人でも克服できる!DaiGoおすすめのクリティカル読書術【図解付き】

更新日:

読書が苦手な人でも克服できる!DaiGoおすすめのクリティカル読書術

少年
分厚い本を最後まで読み切れた試しがない…。
途中で諦めちゃうんだよね。
なので、結局、何も身につかずに時間だけが過ぎてしまう。
編集部
読書あるある、ですね。
分厚い本から学ぶには、ちょっとしたコツがあるんです。
しかも、簡単で、誰にでもできちゃうっていう。

この記事では、読書に関するこんな悩みを解消します。

  1. 分厚い本を読み切ることができず、1つも学びを得られない
  2. ついつい積ん読つんどくになってしまう

それでは、具体的に説明していきます。

メンタリストDaiGoの「クリティカル読書術」がシンプルで試しやすい

日本のメンタリストとしてテレビなどで活躍していたDaiGoさんがyoutubeで「クリティカル読書術」という方法を紹介していました。
10分程度の動画ですので、ぜひ見てみてください。

動画「どんな本でも読み切れるようになるクリティカル読書術(長さ:10:27)」

この動画を1枚の図にまとめました。
この動画を見ながら眺めると理解しやすくなると思いますので、よろしければ参考にしてください。

【図解】読書が苦手な人のためのクリティカル読書術(by メンタリストDaiGo)

分厚い本が読めない人の特徴・共通点

まず、大前提として、厚めの本を読み切るためには、その本に対する興味持ち続けるしかありません。
しかし、これが結構難しく、読書を挫折してしまう人が多く存在しています。

編集部
なので、分厚い本が読めないことは当たり前。
落ち込む必要はありませんよ。
少年
クリティカル読書法を実践することで、苦手な読書を克服できるというわけだね。

DaiGoさんいわく、分厚い本が読めない人の特徴は以下のとおりです。

分厚い本が読めない人の特徴

  1. 目次を読まない
  2. 著者の略歴を読まない

この2つの情報を読み飛ばす人は、本のどこに面白い内容が書かれているのかが分からず、本への興味を失ってしまいがちということです。
「本の興味を維持できない」から、読書を諦めてしまい、何も学べなくなってしまう…という悪循環になってしまいます。

もし、上記の2つに心当たりがあるならば、ぜひ、これから書く具体的な読書法を試してみてください。

分厚い本の読書が苦手な人が克服できる、クリティカル読書術とは?

DaiGoさんは、動画の中で2つの読書法を紹介していました。

2つの読書法

  1. ハーバード大学 ショーン・エイカー氏が提唱した読書法(メンタルマップ)
  2. それよりももっと簡単にしたDaiGoさんおすすめの読書法

まずは、ショーン・エイカー氏の読書法について説明します。

ハーバード大学 ショーン・エイカー氏が提唱した読書法(メンタルマップ)

ショーン・エイカー氏の読書法は、メンタルマップを使ったもの。

手順としては、いたってシンプルで以下のとおりです。

ショーン・エイカーの読書法

  1. 目次を見て、興味のあることを3つ見つけて書き出す
  2. なぜこの本が自分にとって重要なのかを考える

本に書かれてある内容をすべて覚えようとすると、すごく難しいと思います。
ですが、「この本から必ず3つだけは身につけよう」と決めてかかれば、本の内容に集中できます。
また、自分で決めた3つが、自分にとってなぜ大切なのかを考えることで、本に対する興味を失わずに済みます。

少年
なるほど。
全てを理解しようとすると、どこかプレッシャーを感じてしまって、本を読むのが億劫になってしまう気がするよ。
編集部
完璧主義になってしまうと、精神的に疲れてしまって、結局何も手を付けられないという状態になってしまうかもしれませんね。
「この本からこの3つだけ、学べればいいや!」と思えば、気が楽になりますね。

もし、目次を見ても興味のあることを見つけられない場合は、Amazonのレビューなどを参考にして「この本が自分にとって重要なのはなぜか」を考えましょう。

そして、読書の途中で本を閉じそうになったら、このメモを見ます。
こうすることで、難しくて分厚い本からでも挫折をせずに学びを得ることができます。

【面倒くさがりでも大丈夫!】もっと簡単なDaiGoおすすめの読書法

ショーン・エイカー氏の読書法もすでにシンプルなのですが、それでも面倒くさいと思う人におすすめの読書法もあります。

もっと簡単な読書法

  1. 本の目次を読む
  2. もしも、この本で1つの章しか読めないとしたら、どこを読むかを考え、そこから読む
少年
たとえば、10章から構成される本であっても、「どれか1つの章だけしか読んではいけない!」って言われたことを想像すると、急に全部読みたくなっちゃうから不思議♪
編集部
制限をかけられると、どうしてもそれを破りたくなるのが人間のさがですね。

どれか1つの章を読むと決めたものの、章だと長過ぎる場合は、その章の中のどれか1つのセクションから始めるのでもOKです。
まずは、自分が一度に読み切れる文章量を把握するところから始めましょう。

脳に美味しいところをつまみ食いさせろ!

つまり大切なのは、あなたの脳みそに「この本は楽しい」「この本は自分にとって有益である」という濃い蜜の部分をつまみ食いさせることなのです。
短い章であっても、「読み切る」そして、「重要な情報が書いてあった」と、自分の脳みそに感じさせることが重要です。

最後にもう一度、DaiGoさんの動画「クリティカル読書術」をまとめた図表を掲載しておきます。
分厚い本、難しい本を読んでいて挫折しそうになったら、この図表を思い出してください。

【図解】読書が苦手な人のためのクリティカル読書術(by メンタリストDaiGo)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ソイエバ編集部

ソイエバ編集部

Web業界歴14年(2005年~)のソイエバです。はじめはWeb制作(デザインとコーディグ)から入り、企画制作・広告管理、Webディレクター、営業、教育部門などを経験してきました。 首都圏で5年働き、地方に移住。現在は個人事業主として企業の社員教育や提案アドバイザー等をしています。 プライベートでは、2児の子育て中。自分の好きな仕事をしながら、ストレスのない生活を送る、ということを心に決めて日々活動しています。 twitterやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-ビジネス・経済
-,

Copyright© ソイエバ , 2019 All Rights Reserved.