一六タルト

一六本舗が一六タルトにバターと油を使わない理由とは?ロングセラーの秘密がここに…。

更新日:

一六本舗が一六タルトにバターと油を使わない理由とは?ロングセラーの秘密がここに…。

愛媛の銘菓、一六本舗の一六タルトはなぜ、ロングセラーとして愛され続けるのか…。

その秘密は、一六タルトの製法へのこだわりが受け入れられているからなのかもしれません。

一六タルトのロングセラーに全国が注目!

一六本舗の一六タルトは、ロングセラー商品として人気経済番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に取り上げられるほどです。

ソイエバ
WBSといえば、できる首都圏のサラリーマンならほとんどの人が目を通してる番組だよね。
地方でも、わざわざバックナンバーを有料課金で見ているサラリーマンが結構いますよ。

一六タルトの製法へのこだわり

一六タルトのこだわり

一六タルトは、1647年、久松家初代松山藩主・松平定行公がポルトガル人から教わったものとして知られています。

つまり、「洋菓子」であるはずなのですが、一六タルトは「和」に強いこだわりを持って製造しています。

皮むきあずきのみを使用

一六タルトの主役と言っても過言ではないと思いますが、「餡」の部分は口当たりをなめらかにするために、皮をとったあずきのみが使われています。

そして、この餡、つまり「和」の部分に調和させるために、生地部分にはいっさい「洋」の要素を使っていません。

”飽き”の来ない生地

「洋」の要素とは、すなわち、「バター」と「油」です。

本来、このような生地を生成する場合は、ふわふわ感を出すために「バター」を使いたくなるところですが、一六タルトでは「バター」と「油」を一切使わず、たまごと砂糖と小麦粉だけを使っています。

こうすることで、食べ飽きが来ず、こだわって作った「餡」との調和が絶妙になります。

洋菓子でのバターの役割の一つに「生地をふわふわにする」ということがあります。

一六タルトではバターを使わずに、焼き方の工夫で生地の「ふわふわ感」を実現していると思われます。

ロングセラーの秘密

一六タルトが愛媛の人々に愛され続ける理由は、「飽きがこない」こだわりの製法にあるのではないでしょうか。

私も実際に食べてみましたが、味がしつこくなく、柚子のさわやかな風味が口の中に広がりました。

一六タルトを実食してみた

ソイエバ
さっぱりしているので、パクパク食べちゃって、あっという間に完食してしまいました。
お茶や珈琲との相性が最高ですね。

ちなみに、一六タルトには、四国特産の柚子を使っています。

一六タルトを食べようと口に近づいた瞬間、新鮮な柚子の香りがふわぁ~と広がるのを感じることができます。

この香りや味わいが、手にとってもらわないと伝わらないというのが非常にもどかしいですね。。。

最後に

一六タルトのロングセラーの秘密は、「飽きが来ない」こだわりの製法にあるように感じます。

甘すぎず、薄すぎず。

固すぎず、やわらかすぎず。

高すぎず、安すぎず。

全体的にほどよいバランスが絶妙な和菓子です。

是非一度、手にとって見てください。

一六タルトをもっと知る?

一六タルトのバラ売り
一六タルトは「バラ売り」で買う?「1本買い」と「バラ売り」のメリットを徹底比較!

愛媛の銘菓一六タルトには、「1本売り(11切れ)」と「一切れ一六タルト」と呼ばれる「バラ売り」が存在します。 今回は、一六タルトを買う場合、「1本売り」を買ったほうがいいのか、それとも「バラ売り」で買 ...

続きを見る

一六タルトの賞味期限は?
一六タルトの賞味期限はどのくらい?おすすめの保存方法を紹介します!

愛媛のお土産といえば、一六タルト。 明治16年創業の一六本舗の一六タルトは、ワールドビジネスサテライトでロングセラー商品として特集を組まれるほどの人気商品です。 一六タルトを購入する 一六タルトは贈答 ...

続きを見る

一六タルトの由来は?読み方はなんて読む?
一六タルトの由来は?読み方はなんて読む?

愛媛県松山市のお土産といえば「一六タルト」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? 松山空港や松山観光港のお土産売り場で、ひときわ目立つ存在の銘菓で、観光客だけではなく地元でも愛される銘菓です。 ...

続きを見る

一六タルトのカロリーはどのくらい?他のタルトと比較してみた
一六タルトのカロリーはどのくらい?他のタルトと比較してみた

愛媛のお土産として大人気の銘菓といえば「一六タルト」です。 一六タルトは、甘くて美味しく、珈琲によく合うスイーツとして、地元でも人気なのですが、カロリーはどのくらいなのでしょうか? 「そもそも一六タル ...

続きを見る

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-一六タルト
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.