話題

小野宏ディレクターが母校に送った「戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術」が感動的

投稿日:

小野宏ディレクターが母校に送った「戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術」が感動的

日大アメフト問題で、関西学院が会見を行いました。

その会見に登場したのが、鳥内監督と小野宏ディレクターです。

小野ディレクターの冷静沈着な部分、説明の分かりやすさなどが素晴らしく、高評価のコメントが殺到しています。

そんな小野ディレクターは、偏差値71とも言われる都立戸山高校出身です。

実は、都立戸山高校のアメフト部のコーチを務めていたこともある小野ディレクターは、こんな文章を残しています。

タイトルは…

「戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術」

アメフトに興味がある方もない方も、ぜひ一度、この文章を読んでもらいたいです。

参考 戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術

感動レベルの「戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術」

この文章は以下の見出しで構成されています。

見出し一覧

  • アメフトの魅力を伝えよう
  • 勝つことで選手は夢中になる
  • 部員の増加はチームを強くする
  • 1年生を大事にせよ
  • 「根性練習」は一掃せよ
  • トレーニングは身体発達のバランスに配慮せよ
  • 攻撃はシンプルに徹せよ
  • 基本的な枠組みを継続せよ
  • 秋は翌春のためにある
  • フットボールは安全を考慮せよ

この見出しを見ただけで、アメフト愛に溢れていることが伝わってきます。

日大の内田前監督とは真逆の哲学です。

小野ディレクターのアメフト哲学が凄い

私はこの文章を読んで、小野ディレクターは教育者として尊敬できる人物であると確信しました。

この文章からは、

  • アメフトへの愛
  • 生徒達にとって一番大切なことは何か
  • 短期ではなく長期に勝ち続ける戦略
  • 安全への配慮

を感じました。

とりわけ、「アメフトへの愛」「生徒への熱い思い」は、文章の冒頭に書かれてる”アメフトの魅力を伝えよう”からすぐに伝わってきた。

何よりもアメリカンフットボールの面白さ、楽しさ、その魅力の全体像を現役の後輩に伝えたかった。それが「勝つ」ことへの一番の近道だと信じていた。
(出典:戸山アメリカンフットボール部の哲学・戦略・戦術

アメリカンフットボールの面白さ、楽しさ、魅力を伝えることが「勝つ」ことへの一番の近道、という言葉です。

日大の宮川選手は、高校まで大好きだったアメリカンフットボールが、大学に入り内田前監督の指導を受け、次第に嫌いになっていきました。

そして、やりたくもないプレーを強要され、あのような事件になってしまいました。

もし仮に、宮川選手が小野ディレクターのもとで指導を受けていなら、全く別の選手になっていたと思います。

小野ディレクターの哲学である「アメリカンフットボールが好き=勝利への近道」を受け継ぎ、チームの中心になり今よりももっと活躍していたことでしょう。

それを考えると、不憫でなりませんし、指導者の重要性を感じます。

日大アメフト部悪質タックル問題に関する記事はこちら

記事一覧
日大アメフト部悪質タックル問題の記事一覧

「ソイエバ」では、日大アメフト部悪質タックル問題について、いくつか記事を投稿しています。 ここでは、これまでに投稿した日大アメフト部悪質タックル問題の全記事を紹介します。 個人的には、関西学院大学の小 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-話題
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.