話題

大阪市議・奥野康俊の経歴(年齢・大学)は?売名とあの噂は本当か?

更新日:

奥野康俊ってどんな人?

悪質タックルで負傷した関学の奥野選手の父・奥野康俊さんが警察に被害届けを提出し、記者会見を開きました。

この会見はご覧になりましたか?

この会見を見た人たちの反応はさまざま。

みんなの反応

  • 「よくやった!父親頑張れ!」
  • 「大阪市議か。どうりで弁が立つと思ったよ」
  • 「日大はやばいヤツを相手にしたな」
  • 「選挙目当ての「売名行為」だとおもうね。」

このように奥野康俊さんを応援するコメント「売名行為では?」と奥野さんの行動を疑問視する声も挙がっています。
(※5/24 奥野康俊さんは任期満了をもって大阪市議会議員を辞めるとコメントしています。

突如登場してきた、大阪市議・奥野康俊さん。

いったいどんな人物なのか気になりますよね。

今回は、大阪市議・奥野康俊さんについて調べてみました。

すると、奥野康俊さんにはお金にまつわるある噂も…。

はじめに言いますが、私は奥野康俊さん応援します

最近は、官僚のセクハラ・パワハラなどのニュースがあり、権力者の不祥事がうやむやになっているケースがあります。

ですので、奥野康俊さんには頑張っていただき、この騒動の真相究明をし、悪い流れを断ち切ってほしいです。ガンバレ!

あ、そもそも…

日大アメフト部の悪質タックル事件について、「どんな事件だっけ?」と整理がついていない方はこちらの記事がおすすめです。

日大アメフト部の悪質タックル事件を時系列にまとめていますので、よろしければ御覧ください。

おすすめ
内田正人監督の経歴や年齢(生年月日)、功績は?日大アメフトの悪質タックル事件を時系列にまとめてみた

日大アメフト部のニュースやってるけど、何が悪いの? 内田正人監督って誰?この人が悪いの? こんにちは、ソイエバ編集部です。 日大アメフト部が試合中に悪意のあるタックルをした問題で、毎日のようにタックル ...

それではまいりましょう!

 

大阪市議・奥野康俊の経歴

名前 奥野 康俊(おくの やすとし)
年齢 53歳(1966年生まれ)
学歴 北豊島小学校
北豊島中学校
府立池田高等学校
立命館大学理工学部卒業
経歴 リクルートグループに就職
1995年に池田市議会議員に初当選
2010年池田市議会議長
2011年に大阪府議会議員として当選
2015年大阪府議会議員 トップ当選
家族 4女1男の父親
議員歴 23年
コメント スポーツが大好きで息子かやることをきっかけで再開したアメフトに夢中
議員さんをする前は、リクルート系の会社でサラリーマンをしてたんだね。トップ当選してるってことは、地元では名士なのかもしれないね。
少年

政治理念

政治理念

ハードよりもソフトってどういう意味?
硬いものより、柔らかいもの?飴玉よりもハイチュウが好きってこと?
少年
ソイエバ
少し黙っててもらえますか。
念の為、説明しますと、物理的なモノよりも内面を重視するということです。たとえば、「学校を建てる」という話があったとして、「学校を建てる」ということ自体(ハード)よりも、「なぜ学校を建てる必要があるのか?」「学校を建てるとどんな影響があるか?」といった見えない部分(ソフト)を重要視します、というニュアンスです。ちなみに私は、飴玉よりもハイチュウが好きです。

日大タックル事件で被害届を提出した理由

奥野康俊さんが被害届を出した理由は、会見でコメントしています。

奥野康俊さんの会見動画

この会見をはじめてみたときの感想は、めちゃくちゃしゃべりがうまいなって感じ。友達もみんな言ってた。その後、職業が「市議会議員」と聞いて「なるほどね」って納得しちゃったよね。
少年

会見動画から見る被害届の提出理由

奥野康俊さんが、被害届を提出した理由は「19日に謝罪に訪れた日大の内田正人監督の説明が不十分だったため。

内田正人監督は、悪質タックルが自分の指示かどうかは明らかにしませんでした。

奥野康俊さんの息子である関学大の選手は、右膝の軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間のケガを負いました。

ソイエバ
奥野康俊さんの息子さんですが、現在は練習にも復帰できているということで、そこは少し安心しました。
もし、あのタックルで後遺症なんかが残っちゃったらもっと大変だったよね。
少年
ソイエバ
本当にそう思います。今回は全治3週間のケガということでしたが、あのタックルですと、後遺症が残るレベルの事故になっていてもおかしくはありません。ですので、徹底的に原因を追求し、再発を防ぐべきですね。

なぜ、奥野康俊さんの会見が「売名行為」と言われるのか?

この会見を「売名行為だ」とコメントする人たちもいます。

それは奥野康俊さんの職業が「市議会議員」という政治家だからでしょう。

もし、奥野康俊さんの職業が政治家ではなく、ショップ店員や普通のサラリーマンでしたら、このような声は挙がっていないはずです。

しかし、同じ子を持つ親として、息子があのような危険な目にあってしまったら、憤りを感じるのは当然ではないでしょうか。

そして、内田監督のように真相について明言しない態度をとられたら、許せるものではないと思います。

また、奥野康俊さんの会見動画を見ましたが、肩を震わせながら息子のために熱弁していました。

この姿を見て私は「売名行為」のためとは思えませんでした。

5/24 追記 奥野康俊さんは、次回の選挙は立候補しないことを表明

奥野さんは、5月23日の日大側の会見を見て、このようにコメントを発表しました。

「指導者2人に対して、体の震えが止まりません。市議会維新代表にも伝えておりますが、私の記者会見前に決断していたことですが、任期満了をもって大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません。残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向きあう覚悟です」
(出典:朝日新聞社

次の選挙では立候補しない、ということです。

奥野さんが被害届を提出し、会見を開いたことで「売名行為では?」という憶測が飛び交いましたが、次回は立候補しないという思いがあったとのことで「売名行為ではない」ということが証明されました。

一人の父親として、今回の問題を許せないのでしょう。

「人生かけ問題向き合う」とおっしゃっていますし、私は奥野さんの真相究明を応援したいと思います。

奥野康俊さんのお金にまつわる噂とは?

もしかしたら、奥野康俊さんの行動が「売名行為」と囁かれるのは、過去の政務活動費を不正支出させたという噂が理由の一つになっているかもしれません。

そして、この噂は産経新聞などにも取り上げられていて、どうやら真実のようです。

関連リンク産経WESTの記事はこちら

政務活動費の不正支出問題

政務活動費の不正支出が発覚したのは、2014年です。

不正支出の内容をまとめてみます。

  • 平成23年度から3年間、ホームページの運用費用を政務活動費から親族の男性に支払っていた
  • その金額は、合計262万円(毎月7.5万円を約3年間)
  • 「広聴広報費」としていた
  • ホームページの運営費用の相場は月額2万円程度なので、約3倍以上の金額を払っていたことになる
  • 当時運営していたホームページは、「無料ブログ」のみだった
  • 有料のホームページは当時閉鎖中とのこと
つまり、本当は運用していないホームページを運用したことにして262万円も親族に渡していたってこと?
少年
ソイエバ
その可能性はあります。ただ、本人は当時「サービスに見合った額で問題はない」とコメントしていたようです。
うーん、これもなんだかグレーな気が…
少年

不正金額は返金済み

後日ですが、奥野さんは、政務活動費の自己負担分を差し引いて大阪府が請求した約220万円を全額返還したそうです。

返還した理由は「親族への不自然な支出と見られかねないため返還した」とのこと。

あ、きちんと返還してるんだね。お金の部分はスッキリしたよ。
少年

まとめ

  • 奥野康俊さんは、53歳で立命館大学理工学部卒業
  • 議員になる前はリクルート系の会社で働いていた
  • 売名行為と言われているが、それは職業が「政治家」のため
  • 被害届は、父親としては当たり前の行動だと思う
  • お金の噂は、政務活動費を不正支出させた問題で、過去にニュースになっていた
    しかし、現在は全額返還済み

私個人としては、今回、奥野康俊さんが被害届を提出し、会見を行ってくれたことは世の中にとってプラスに働くと考えています。

「日大の内田正人監督が本当に反則行為を指示したのかどうか」

この真相を突き詰めるためには、内田監督側がはぐらかさないように、いろんな角度から監視および声をあげていかなければならないと思います。

この問題をこのまま「選手が勝手に反則を犯した」という風潮で終わらせてしまったのでは、日大のイメージおよびアメフトというスポーツのイメージも悪いままで終わりを迎えてしまいます。

そうなれば、日大関係者、アメフト関係者からすると、イメージ回復のチャンスがなくなり、非常につらい状況になりかねません。

一番は、被害者である関学大の選手・家族がどのような思いでいるかを真摯に受け止め、内田監督を含め日大側の誠意ある対応が求められています。

日大アメフト部悪質タックル問題に関する記事はこちら

記事一覧
日大アメフト部悪質タックル問題の記事一覧

「ソイエバ」では、日大アメフト部悪質タックル問題について、いくつか記事を投稿しています。 ここでは、これまでに投稿した日大アメフト部悪質タックル問題の全記事を紹介します。 個人的には、関西学院大学の小 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-話題
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.