話題

日大広報部はエルフエージェンシー橋本稔子に逆らえず無能か?

更新日:

日大広報部はエルフエージェンシー橋本稔子に逆らえず無能か?

日大アメフト部悪質タックル問題に関して、5月24日に内田正人前監督、井上奨コーチが会見を行いました。

その会見では内田正人前監督、井上奨コーチの発言が注目されたことはもちろんのこと、もう一人、注目を浴びた人物がいます。

それが、会見の司会者・日大広報部職員です。

会見の司会者の映像

司会者である日大広報部職員は、記者からの質問に対し、高圧的な態度で質問を遮ろうとしたり、記者に対して「あなたしつこいですね」という発言があったりで、ネット上では「偉そう!」「何様だよ」「日大広報部は無能」といった反応が相次ぎました

今回の会見だけではなく、これまでの日大広報部からのコメント文に関しても「まるで他人事」のような対応で、世間からは呆れた声が数多く挙がっています。

また、日大には日大広報プロジェクトを仕切っている「エフル・エージェンシー」という広告代理店が存在ます。

「エフル・エージェンシー」の女社長・橋本稔子さんが日大の理事長らと強い関係を持っているというウワサです。

今回は、世間から注文を浴びている日大広報部とその広告代理店である「エフル・エージェンシー」について調べてみました。

それでは、まいりましょう!

日大広報部の責任者は誰?

日大には常務理事が5人存在します。

そのうちの一人が服部史郎さん。

この方が、企画広報担当の常務理事になります。

ちなみに、内田正人前監督は、人事担当の常務理事です。

今回の騒動で日大のイメージダウンは間違いありません。

その要因は、アメフト部だけの問題ではなく、その後の日大広報部の対応も大きく影響があったと考えています。

そういう意味では、今後、日大広報部としての責任を求められる場面もあるかもしれません。

日大広報部の司会者は誰?

そして、会見を見ていた人たちをイライラさせてくれたあの司会者は、やはり日大広報部職員でした。

日大広報部の司会者のプロフィール

司会者の写真

名前 米倉久邦(よねくら ひさくに)
生年月日 1942年生まれ
出身 東京
学歴 早稲田大学大学院
職業 客員論説委員 日大広報部職員
血液型 B型
SNS facebook

米倉氏のfacebookの自己紹介文は…

森林ジャーナリスト。日本各地の森林、例えば、富良野東大演習林、白神山地、屋久島、西表島マングローブの森、奥会津のブナ、タテヤマスギの森、などなど、すでに10数箇所を歩き、ルポを書いています。このうちの幾つかをまとめて、「森をゆく」という本にまとめて、日本林業調査会というところから、出版しました。森のガイドというよりも、人と森の歴史、人と森のつながりに興味があり、人間の匂いがする森の話になりました。
林業にも、関心があり、政府の林業再生計画などで評論を書いています。もともとは、共同通信社の記者でしたが、定年退職後に、好きな分野でジャーナリストとして、活動しています。
森林インストラクターでもあり、日本山岳会の会員でもあります。登山では、「60歳から百名山」を新潮社から出しました。
(出典:facebook

本来は森林ジャーナリストらしいです。どのような経緯で日大広報部にやってきたのでしょうか?

あとで分かりましたが、米倉久邦さんの妻が元スナック嬢で、田中理事の妻・優子さんと仲が良かったという話があります。

そのつながりで、日大広報部に就職した可能性があります。

米倉氏が司会を務めた会見について、みんなの感想はこちらの記事にまとめました。

関連記事
日大緊急会見!司会者が「ムカつく」「偉そう」「高圧的」「誰?」で大炎上!日大ブランドは下がりませんw

日大アメフト部の悪質タックル問題で、日大の内田正人前監督、井上奨コーチが緊急会見を行いました。 宮川泰介選手の会見を受けての緊急会見ということだと思います。 緊急会見の動画はこちらです。 この会見では ...

日大関係者の相関図

日大の問題が徐々に広がってきていて、登場人物が増えてきましたので、相関図を作成しました。

日大関係者相関図

日大関係者相関図

エルフエージェンシーについて

株式会社エルフ・エージェンシーは、大阪に本部を置く広告代理店。

TV番組の制作やCM制作、インベント・ショーの企画・制作を行う会社で、正社員が20人、アルバイトが10人の規模の会社です。

社長は、橋本 稔子さん。

日本大学のCM制作を行っています。

株式会社エルフ・エージェンシーの詳細

称号 株式会社 エルフ・エージェンシー
代表取締役 橋本 稔子
所在地 大阪市北区中之島6丁目2番40号 中之島インテス21F
分室 大阪市北区堂島 3-2-7 サンライズビル5F
資本金 1,000万円
設立 昭和55年設立  平成11年3月(法人設立)
従業員数 正社員:20名
アルバイト:10名
業務内容
  • テレビ番組制作
  • CM及びVP制作
  • 各テレビ局制作協力(キャスティング含む)
  • イベント / ショーの企画制作
  • LPGA公認ゴルフトーナメント運営およびテレビ番組制作
  • 広告代理店業務
  • 不動産部門
  • 飲食部門

エルフ・エージェンシー橋本社長と日大の関係とは?

一部の報道によると、広報担当の服部常務理事は、エルフ・エージェンシーの橋本社長の言いなりとのこと。

というのは、田中理事長に気に入られている井ノ口忠男氏(理事長付相談役)の存在が大きい。

井ノ口忠男氏は、日大では理事という立場であるが、田中理事長との関係が強いため、本来であれば井ノ口氏の上司にあたる大里常務理事ですら全く頭が上がらない状態とのことです。

そして、この井ノ口忠男氏のがエルフ・エージェンシー橋本稔子社長というわけ。

さらに、橋本稔子社長は、田中理事長夫人の優子さんのお気に入りというおまけ付き。

日大本部の職員は、橋本稔子社長のことを「井ノ口さんより怖い存在」と漏らしていると言います。

驚くべきことに「橋本の告げ口で担当部長らのクビが飛んだことがあり、エルフが持ち込む案件は、何でも言い値で通るようになった」という証言もありました。

日大広報部は無能か?

日大広報部が有能か、無能か…、という点で考えると、今回の騒動の会見の対応や、過去に出してきたコメントを見る限りでは有能とは言えないと思います。

有能な広報部であれば、これだけ世間から非難を浴びることはないでしょう。

そもそも、有能・無能の前に、どんな思いで大学を運営しているのか?というポリシーの問題のような気もします。

学生にどんな思いで接しているのか…。

今回の会見の流れを見る限り、重役ばかりに気を使い、学生に目を向けられていないのではないかと思ってしまいます。

また、エルフ・エージェンシー橋本社長の存在は今回の騒動とは関係ないかと思います。

あくまでエルフ・エージェンシーは広告代理店という存在。

日大の理事との関係には驚きましたが…。

日大アメフト部悪質タックル問題に関する記事はこちら

記事一覧
日大アメフト部悪質タックル問題の記事一覧

「ソイエバ」では、日大アメフト部悪質タックル問題について、いくつか記事を投稿しています。 ここでは、これまでに投稿した日大アメフト部悪質タックル問題の全記事を紹介します。 個人的には、関西学院大学の小 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-話題
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.