話題

清原博弁護士(バイキング)の日大アメフト部問題の嘆願書に対する発言

投稿日:

清原博弁護士(バイキング)の日大アメフト部問題の嘆願書に対する発言に共感

日大アメフト部悪質タックル問題の被害者である奥野耕世選手の父・奥野康俊さんが嘆願書を一般市民に協力してもらい集めています。

報道によると、目標の3万件はすでに突破しており、想像以上の反響であるとのこと。

この嘆願書について、今回はハッと気付かされる意見がありましたのでご紹介したいと思います。

2018年5月29日放送のバイキングにて。

清原博弁護士は日大アメフト部の悪質タックル問題について、このようなことをコメントしました。

「(奥野康俊さんの)嘆願書を世間に広く集めるやり方は感心できない」

これについて、司会の坂上忍さんは「清原さんのSNSが炎上しますよ」とすかさず、この意見を否定するようなコメントをしました。

今回は、清原博弁護士が発言した日本の司法のあり方について説明したいと思います。

なぜ、清原博弁護士は奥野康俊さんの嘆願書のやり方に意見したのか?

清原弁護士の説明では、

被害者の父親である奥野康俊さんの気持ちはよく分かると前置きをした上で、

「本来、日本の司法は、感情ではなく法と証拠で裁くべき。
”国民の世論”をもって処罰をするかどうかを判断すべきではない」

と言っていました。

つまり、奥野康俊さんが、事件関係者ではなく国民(事件をテレビやネットでしか知らない人たち)に嘆願書を求めることは、「宮川くんがかわいそうだから救おう」という感情的なもので、事実から裁きを求める行動とは異なるということです。

日大アメフト部関係者に嘆願書を求めるのであれば、よく事情を知る人達が対象となるので意味はあるが、そうでなければ、感情を煽っている行為になるとのことです。

清原弁護士も、被害者や奥野康俊さん、宮川選手を非難するために言ったことではないと思います。

あくまで、「日本における司法のあり方は、こうであって欲しい」という意見のようです。

清原弁護士の発言についての反応

清原弁護士の発言について、坂上忍さんは炎上するよ!と言っていましたが、実際は真逆の反応が多いようです。

清原弁護士の言い分は普通

清原弁護士の言う通り

清原弁護士の意見に賛同

坂上忍が世間からズレている

冷静に方に基づいたことを言ってる

まとめ

坂上忍さんは、清原弁護士の発言について「炎上するよ!」と指摘しましたが、世間の反応は真逆でした。

むしろ、坂上忍さんの基準が世間とズレているという指摘が多くありました。

日大アメフト部悪質タックル問題に関する記事はこちら

記事一覧
日大アメフト部悪質タックル問題の記事一覧

「ソイエバ」では、日大アメフト部悪質タックル問題について、いくつか記事を投稿しています。 ここでは、これまでに投稿した日大アメフト部悪質タックル問題の全記事を紹介します。 個人的には、関西学院大学の小 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-話題
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.