テレビ・芸能

TOKIO城島茂は引退しなくてよい!これまでに引退撤回した芸能人まとめ

投稿日:

TOKIOの城島茂リーダーは、雑誌「ポポロ」にTOKIOへの想いとしてこのように語っていました。

城島茂の過去の発言とは?

「ウチ(TOKIO)のメンバーはだれかひとりでも欠けた瞬間に終わり。そして、そのときは僕は芸能界から足を洗う。それぐらいの覚悟でやってる」

この発言を気にしているTOKIOファンのみなさんが、城島茂リーダーが引退するのでは?と心配になっているようです。

そして、TOKIOの残りの4人のメンバーが記者会見をすると発表し、城島茂リーダーが引退を宣言するのでは…とさらに心配の声が挙がっているようです。

TOKIO城島茂は引退しなくてよい!

これは私個人の意見ですが、過去の雑誌であのように発言をしていたからといって、今回の山口達也さんの問題のせいで、城島茂さんが引退する必要はないと思います。

城島茂さんがあのように発言されたのは、当時(今もかもしれませんが)、TOKIOのメンバーを信頼していたからだと思います。

「そのときは僕は芸能界から足を洗う。」という発言は、あくまで「それくらいの覚悟でTOKIOとして頑張っている」という、想いの強さの表現の一つにすぎません。

これを機に引退してしまうなんて、寂しすぎます。

それに、過去に引退宣言を自らしておいて、引退をしていない有名人はたくさんいます。

城島茂さんは引退宣言すらしている状況ではありません。

雑誌の取材の流れで、TOKIOへの想いを語っただけです。

ですので、城島茂さんは引退する必要はないと思います。

ちなみに、引退宣言を撤回した芸能人を見てみましょう。

引退撤回をした芸能人・有名人まとめ

宮崎駿(映画監督)

引退撤回をしたことがある有名人の中で、最も有名なのはこの人ではないでしょうか?

なんといっても世界の宮崎駿ですから。

宮崎駿さんが引退を宣言したのは、2013年9月『風立ちぬ』の公開後です。

しかし、2017年5月にジブリの公式サイトで「『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました」と発表しています。

ジブリファンとしては、引退撤回は良いニュースです。

引退撤回をしたからと言って、マイナスなイメージを持つわけではありません。

むしろ、続けてくれてありがとうって思います。

明石家さんま(タレント)

明石家さんまさんは、テレビなどのメディアに対して、常々60歳になったら芸能界をやめると発言していました。(公式ではりませんが…)

2018年5月の今、明石家さんまさんは62歳です。

まだまだ現役でテレビに出演されていますよね。

明石家さんまさんがこのように引退せずに頑張っているので、城島茂リーダーも引退しなくたって全く問題ありません!

misono(歌手・タレント)

歌手のmisonoさんが引退発言をしたのは、2013年末

30歳を機に、芸能界を引退するとバラエティ番組で発表しました。

しかし、その翌年になっても引退することなく活動を続けていたため、ネットでは炎上。

その後、misonoさんは、謝罪動画を配信して引退を撤回しました。

まとめ

城島茂リーダーの過去の発言で、引退が心配されていますが、個人的には、その発言に引っ張られて本当に引退する必要はないと思います。

事実、過去に正式に引退宣言をしておきながら、引退撤回をしている有名人も複数います。

だからといって、今その人達が責められていることはありません。

リーダーといえば、TOKIOの城島茂というくらい、日本中から親しまれている存在です。

同じメンバーの山口達也さんが問題を起こしてしまったからこそ、今後もテレビで活躍し、頑張って欲しいと思います。

山口達也メンバーの関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソイエバ編集部

「あ、そういえば」と思ったときに調べるか調べないかで知識の蓄えが異なり、その蓄積で3年後の未来が変わると考えているソイエバです。首都圏から地方に移住し、30代で脱サラ。そして今は子育てをしながらWebサイト制作やブログ執筆しています。あなたの「あ、そういえば」につながる情報を発信していきます。 twittertとfacebookやってます。 詳しいプロフィールはこちら。

-テレビ・芸能
-

Copyright© ソイエバ , 2018 All Rights Reserved.